【参加者募集】 07/12 SKIオフトレSeminar #208「4つのアウターユニットと滑走姿勢の関係」@ZOOM

Last Updated on 2020-09-06 by ezy

全身には約600の筋肉が存在しますが、いくつかの筋肉は特定の役割を担うために連携して機能します。
その筋肉の機能的な連携を「アウターユニット」と言い、4種類あります。

・DLS 深層縦サブシステム
・POS 後方斜めサブシステム
・AOS 前方斜めサブシステム
・LS 側方サブシステム

今回のセミナーでは、この4つのアウターユニットの説明と、実際に滑る場面ではどのように機能しているのかを解説します。
例えば、「LS 側方サブシステム」は中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋、内転筋(対側)、腰方形筋(対側)が連携し、片脚でバランスを保持する際の骨盤の安定化に重要です。片脚支持で問題があれば、関係する筋をストレッチしたり、活性化(アクティベーション)することで改善出来ます。

誰もが持っている4つのアウターユニットを知り、滑走フォームの改善につなげましょう!

https://smr208.peatix.com/

コメントする