活動レポ: 日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート #9 @深沢

Last Updated on 2020-11-11 by ezy

11月最初のチームトレーニングサポート、今回も在京選手のみの参加となりましたが、少人数なので内容濃いトレーニングが実施出来ました。

日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート

ウエイトトレーニングが出来るトレーニングセンターは部活ごとに時間枠が割り振られていて、しかも1時間の時間制限があるため、トレセン使える時間までアップを兼ねてフィールドトレーニングを実施。

日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート

アジリティ&クイックネスのパフォーマンスもかなりレベルアップしてきていて、トレーナーとしても選手の雪上での滑りがどう進化しているのか、とても楽しみです。

日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート

トレセンでは、強力なレジスタンスバンドの「STROOPS」を着用した状態で、ストレングストレーニングを行ってもらいました。当然、普通にトレーニングしてもバランスを崩しやすい状態になるわけですが、アルペンスキーの場合は滑走中は重力の他に遠心力や雪面抵抗など、複合的な外力に適応した姿勢制御が不可欠です。

日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート

様々なファンクショナルトレーニングを消化してきている選手たちだからこそ、高強度な多面的負荷に対応出来ています。

日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート

予定では、月末にあと1回、オフシーズンのトレーニングサポートを実施して、来月上旬から富良野スキー場でチーム合宿がスタート。

仕上げていきます!

日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート



日本体育大学スキー部・雪桜会
https://www.facebook.com/nssu.ski


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー
飯島庸一

コメントする