Warning: openssl_encrypt(): IV passed is 64 bytes long which is longer than the 16 expected by selected cipher, truncating in /home/schallenge/s-challenge.com/public_html/wp/wp-content/plugins/post-views-counter/includes/class-counter.php on line 795

Warning: strtr() expects at least 2 parameters, 1 given in /home/schallenge/s-challenge.com/public_html/wp/wp-content/plugins/post-views-counter/includes/class-counter.php on line 795

Warning: openssl_encrypt(): IV passed is 64 bytes long which is longer than the 16 expected by selected cipher, truncating in /home/schallenge/s-challenge.com/public_html/wp/wp-content/plugins/post-views-counter/includes/class-counter.php on line 795

Warning: strtr() expects at least 2 parameters, 1 given in /home/schallenge/s-challenge.com/public_html/wp/wp-content/plugins/post-views-counter/includes/class-counter.php on line 795
活動レポ: SKIオフトレWorkshop 233 ターン動作の精度向上、左右差修正トレーニング @駒沢公園 - S-CHALLENGE Training Program Works

活動レポ: SKIオフトレWorkshop 233 ターン動作の精度向上、左右差修正トレーニング @駒沢公園

今季最後のスキーオフトレワークショップは「ターン動作の精度向上、左右差修正トレーニング」をテーマに都立駒沢公園で開催しました。

毎回使用しているディレイモニターをフル活用して、まずは上半身や体幹の可動域チェック。特にスキーの滑走動作である「外傾姿勢」や「外向姿勢」にリンクする関節の可動について、重点的にチェック&修正エクササイズを実施してもらいました。

ワークショップ開始時は肌寒さを感じる気温でしたので、ウォームアップを兼ねて、ゆっくりとカラダを動かして、下半身のエクササイズにつなげていきました。

下半身については、股関節を含む体幹のコントロール能力とリンクする動的片脚支持バランス(左右動揺、前後動揺)と、側方への重心移動時の股関節の使い方(内腰主導)の動作を整え、パフォーマンスを高めるコレクティブムーブメント®︎エクササイズ(ファンクショナルトレーニングの一種)を行ってもらいました。

滑走時の最適な姿勢維持には、腹横筋や多裂筋など体幹深部にあるローカル筋の活性化が必須ですので、今回のSKIオフトレWorkshopでも、レジスタンスバンドを使用して体幹に適度な負荷をかけて、自然にローカル筋が活性化するようにしたエクササイズを多く実施しました。

今回もお陰様で満員御礼でした!
ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー
飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop&WEBセミナー」のスケジュールはこちら
https://www.s-challenge.com/workshop/

コメントする