活動レポ: SKIオフトレWorkshop 225「滑りの安定性を高める片脚支持バランストレーニング」@駒沢公園

今回のスキーオフトレワークショプでは、最初と最後に片脚支持バランスの効果測定を行い、トレーニングの成果を確認しながら実施しました。

最近、スキーだけではなく他の競技スポーツでも片脚支持バランスと競技パフォーマンスの相関が高いというエビデンスが出てきています。

スキーは他のスポーツよりも、複雑なシチュエーションの中でバランスを保持しつづけることが必要であり、しかも左右均等に片脚でバランスコントロールをすることが求められるので、一般スキーヤーでも片脚支持バランスの能力を高めていくことは必須課題です。

今回のワークショップでは、静的バランスのチェックと動的バランスのチェックを最初に行いましたが、さすが皆さんスキーヤーだけあって、静的バランスは非常に素晴らしいパフォーマンスでした。

なかなか他のスポーツをされている一般の方で、これだけ静的バランスが高いことは無いと思います。ちょっとビックリしました。

動的バランスでは、得意な脚と不得意な脚で滑りのパフォーマンスの特徴がかなり反映されているようです。左右の差異を減らしていく、あるいは全面的にレベルアップさせていくために、今回のワークショップでは、「アセスメント」「足の構造特性への理解」「緩めるべき筋肉と活性化すべき筋肉」「動的バランストレーニング」というステップでバランスコントロールするためのカラダの機能性やメカニズムも知っていただき、トレーニングしていただきました。

一人でも、また特別な器具が無くてもトレーニング出来るエクササイズをメインに構成させていただいたので、シーズンインまで繰り返しトレーニングしていただきたいと思います。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー
飯島庸一

※次回以降の「SKIオフトレWorkshop&WEBセミナー」のスケジュールはこちら
https://www.s-challenge.com/workshop/

コメントする