活動レポ:日本体育大学スキー部・トレーニングサポート 9 @深沢

8月末の夏合宿以来、選手たちと再会。

ナショナルチーム所属の選手たちは、ワールドカップ に向けて海外で合宿中。
就活や学業などで、今回の参加選手はアルペン全選手の半数ほどとなりました。

前半はフィールドで難易度高めのラダートレーニング。精度の高い重心移動を求めたムーブメントを意識してトレーニング。後半はトレセンに移動して、現在男女チーム別に「プログラムサポート」サービスで提供しているトレーニングプログラムのフォームチェック。

専用のアプリを使用して、RFD (Rate of Force Development 力の立ち上がり率)をチェック。スキーパフォーマンスで重要なのは、素早くスキーに自分のパワーを伝えることなので、この時期のストレングストレーニングとしては、最大挙上重量よりもRFD(力の立ち上がり率)を改善していく方が非常に重要となります。

国内でシーズンインする選手たちも、オフトレに十分時間を割ける期間はあと僅か。

春から鍛えてきたフィジカルをキープしつつ、動作精度を高めるファンクショナルトレーニングを多くしていき、雪上パフォーマンスにつながるように、少しずつ仕上げていきます。

日本体育大学 学友会スキー部 雪桜会
https://www.facebook.com/nssu.ski/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

コメントする