活動レポ: 日本体育大学スキー部・チームトレーニングサポート #7 @深沢

Last Updated on 2020-10-18 by ezy

9月23日に夏合宿を終えて、約週1ペースで日本体育大学スキー部のトレーニングサポートをしています。

16日金曜日にも世田谷キャンパスでサポートしてきました。
 

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート

今回も多くの選手はコロナの影響で地元でオンライン授業を受けているため、在京選手のみのサポートでした。

人数が少ない分、細かい部分のエラーや週毎にパフォーマンスを高めている部分など、個別にチェック出来ています。

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート

まだトレーニングセンターの使用可能時間に制約があるため、使用出来る時間まではフリースペースでアップを兼ねてアジリティ&プライオメトリックトレーニングを実施。連続ジャンプ動作では、空中での適切な姿勢保持を狙ってレジスタンスバンドで負荷をかけてトレーニング。

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート

プランク姿勢を崩さないように意識することで、ジャンプ動作で使われる大殿筋や大腿四頭筋などのグローバル筋と姿勢保持に使われる腹横筋や腰方形筋・多裂筋などのローカル筋との統合を意識させていきます。

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート

この秋季のトレーニングフェイズでは、トレーニング要素の統合をしつつ、精度の高いスキーへのアウトプット能力を高めることが重要となります。

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート

ランドマインでのシングルレッグスクワットでも、バーベルプレート以外の不安定な外力を加算させることで、グローバル筋の強化+ローカル筋の活性化=パフォーマンスの統合につなげていきます。

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート

また来週も引き続き在京選手たちのサポートをしていきます。

日本体育大学スキー部・トレーニングサポート



日本体育大学スキー部・雪桜会
https://www.facebook.com/nssu.ski


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー
飯島庸一

 

コメントする