活動レポ:日本体育大学スキー部・トレーニングサポート 8 @深沢

今日は生憎の雨模様のため、テラススペースを利用してのトレーニング。7月になり、水泳実習やキャンプ実習など体育大必須の屋外実習期間に入り、参加選手は少なめでしたが、濃い内容のトレーニングが出来ました。

先週、男女チームともに新しいトレーニングプログラムに更新したので、今回は提供しているトレーニングメニューにあるエクササイズを中心に、動作精度の確認をしながら進めていきました。

ヘキサゴンジャンプを2つ組み合わせた「ツインヘキサゴン」、レジスタンスバンドを組み合わせて、同時に姿勢保持能力も強化。

後半はスキー部枠で貸し切り時間指定されているトレーニングセンターでウエイトトレーニング。

こちらも新しいトレーニングメニューにある、エクササイズのフォームチェックを中心に。いくつかターゲットになるエクササイズについては、より速筋線維に刺激を加えるために「クラスターセット」で実施。

コロナ感染症対策として、トレセンは時間制限を設けての貸し切りになっているので、短時間でしっかり負荷をかけるアドバンステクニックをサポートの都度、選手たちに試してもらっています。

同じスキー部でも、課題や目標、鍛えるべき部位や要素は異なるので、提供しているトレーニングプログラムは同じでも、セット数や重視するエクササイズ、トレーニングのやり方などは個別性を意識して、幅をもたせています。

日本体育大学 学友会スキー部 雪桜会
https://www.facebook.com/nssu.ski/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー
飯島庸一

コメントする