活動レポ:日本体育大学スキー部・トレーニングサポート 5 @深沢

今季5回目の日本体育大学スキー部チームトレーニングサポートを実施しました。

今回はスキーパフォーマンスに直結する「片脚支持バランス」のチェックと動的コントロールトレーニングを中心に。スキー選手は他のアスリートよりも、バランス能力に長けていますが、斜面や雪質、斜度など、さまざまな外的要因に対して自分の重心をコントロールするためには、非常に高い精度の片脚支持バランス能力が求められます。

実は他の競技でも片脚支持バランスと競技パフォーマンスは非常に高いレベルで相関関係があるということが、最新の研究で明らかになっています。

スキー選手のオフシーズントレーニングでは、いろんな要素のトレーニングが必要ですが、なかでも「片脚支持バランス能力の向上」は、雪上パフォーマンスに直結する、最も重要な要素です。

片脚支持バランスのトレーニングでポイントとなるのは、バランスのコントロールを足関節で行わないようにする、ということです。ブーツを履くと足関節の可動性はかなり制限されます。

オフトレで足関節を多用したバランスコントロールを身に着けてしまうと、その能力は雪上パフォーマンスにはつながりにくいものとなります。なるべく股関節を中心としてバランスコントロールをするように、意識してトレーニングすることが雪上パフォーマンスにつながるオフトレのポイントになります。

ストレングストレーニングなどのフィジカルトレーニングの中にも、片脚支持バランスのような機能的動作コントロールの意識を持ちながらトレーニングすることが、特に大学生スキー選手には重要です。

引き続き、「プログラムサポート」と「トレーニングサポート」、両サービスを通じて選手たちのパフォーマンスアップの手助けをしていきます。

日本体育大学 学友会スキー部 雪桜会
https://www.facebook.com/nssu.ski/

S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー
飯島庸一

コメントする